梅酒を買うことは果たしていいのか???
ちょっと前に梅酒ネタで粗相をしてしまったのですが、ちょっとだけこの点は押さえておきたいポイントを整理。

先日の自棄酒の際に、ある梅酒をいただきました。
のーがきはこんな感じ
吟醸酒並みの手間暇をかけて麹を作り、厳選された黄金千貫のみを使用し、ゆっくり常圧蒸留。それを和歌山産の極上の梅と厳選された一番搾りの糖蜜で仕込みました…

ちなみにアルコール度数は35度とかなり高め。
これは飲みに行ったバーのマスターが、若かりし頃に放浪の旅に出かけ、その際に知り合った焼酎蔵の親父さんと仲良くなり、そこから送ってもらっているのだとか。なお、市販とはいえ、生産量が限られているうえ親父さんが気に入った人にしか分けていない、というプレミアもの。もともと蔵自体もかなり小規模なところで、杜氏さん(焼酎でもこれでいいのか?)の趣味のような形で漬けているのだとか。
これはこれでものすごくおいしい。へなちょこ心理士の大したことない舌による官能試験ではありますが、おいしい。味を文章に出来ないことが悔やまれます。
ただし、1ショット1500円という価格(このバーではマッカラン12年とかヘネシーVSOPあたりと同じ価格帯)という価格が適正かどうか、迷うところではあります。

もう一つは、加賀梅酒
これは全日空のファーストクラスで採用されたこともある梅酒です。へなちょこ心理士の官能試験でも文句なく満点をつけていいと思う梅酒です。
ただ、これは原材料が梅(紅映)、氷砂糖、醸造用アルコールとなっています。醸造用アルコールって、どういうことよ?
さんこうまで―醸造用アルコール―ウィキペディアより
この小堀酒造店は石川県内では比較的大手の造り酒屋であり、萬歳楽のブランドネームでも知られています。醸造用アルコールの使用については賛否がありますが、造り酒屋が梅酒を、醸造用アルコールで作っちまうのはいかがなものかと。三倍醸造、酒税法など、日本酒業界の抱える問題にもリンクしますが、本当にそれでいいのかと感じられてしまいます。
一応、醸造用アルコールは化学合成ではないということになっていますが、原材料はわかりません。そんなものが原材料でいいのでしょうか?
さらに言えば、アルコール度数が15度となっています。これはまたまた酒税法上の問題があるのかもしれませんが、もしこれが黄金比であるならば、もっと大きな問題になってしまいます(とへなちょこ心理士は考えます)。
それは、個人が梅酒をつける際には、アルコール度数が20度を超える酒を用いなければいけないということです。酒税法できていがあるわけですね。つまり、メーカーには勝てないということになってしまいます。
それとも、ただ酒税を低廉なレヴェルに抑えるために度数を抑えているとするならば、わざと割り水をして薄めた(悪く言えば水増しされた)ものを売っていることになります。もちろん、そういう意図はないと信じたいのですが…。

実はある酒蔵で脱税行為(をい)が行われているのを味わったことがあります。はい。事実上の密造酒。これは純米大吟醸で漬けた梅酒、だったのですが、原酒の段階でも17度程度しかない純米大吟醸で漬けているので、酒税法上密造になってしまいます。これはへなちょこ心理士が懇意にしている酒蔵(ここも恐ろしく小規模の造り酒屋)で、こっそりと飲ませてもらいました。一応、将来の商品化を考えてのごくごく少量漬けただけだったのですけど、そりゃあ美味だったですよ。結局、酒税法上問題のない20度という問題があり、純米にこだわった結果、日の目を見ませんでした。

蔵元・杜氏のスピリチュアルな面とか情熱とか倫理感とか、そういうところの問題にもつながってくるかと。うまいまずいの問題だけではなく、ね。

とりとめのない話になってしまいましたが、結局、大金を出してまで梅酒を買うのは、どうなんだろう、と。
逆に大金を積んでまで?自分で梅酒を漬けるのにこだわるのは、3年後、4年後にどのような味になるのかわからない、という楽しさなのではないのか、と。過去、6カ月後には失敗した、と思っていた梅酒が3年後にはめちゃくちゃおいしい梅酒になっていたこともありますし、やっぱりうまく行かない年もありました。なんとなく、表現療法にも通じるような側面もあるのではないか?とまで感じてしまいます。

なお、そう言っているへなちょこ心理士は、肝臓リーチのメタボリックのため禁酒を言い渡されているにもかかわらず、梅酒を漬けることを考えているので、その意味で(苦笑)です。
( ゚Д゚)ウマー | 23:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
梅酒を漬ける
i子梅干しをつけているようだけど、こちらは別に対抗するわけでもないけど梅酒をつけた。

今年は特に特別な梅ではなく、キム澤農協で売られていた生産者直売ものを使用。合計3kgで1300円という安さ(爆)

んで、1kg分を今年飲む用に、のこり2kgは長期熟成用に使うことに。

梅酒

今年のレシピは

(今年飲む用)
青梅500g
氷砂糖500g
米焼酎(よかいち米900cc)
これを2本漬けた

(長期熟成用)
青梅2kg
氷砂糖1kg
グラニュー糖小さじ1杯
ウォッカ(ウィルキンソン50°)720ml
米焼酎(白岳しろ720ml、タカラ巌窟王720ml)

ちょっと贅沢なレシピ。
瓶代などを抜かせば約5500円くらい。
でも、まあ、ホワイトリカーあたりでつけるのとは結果的にまろやかさが違うので、ここはよしとせねば。

秋頃が楽しみです。
( ゚Д゚)ウマー | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
チョコレィト魔神
どこぞのblogでハート型のガトーショコラの話が出ていた。
ハート型なので、切り分けるのが大変だとか…
まあ、確かにそうなのだが、チョコレィト魔神の漏れとしては、そんなのかまわず丸かじりしそうだ。

そういったら、相方に、魔神ブゥだと笑われた…

orz
( ゚Д゚)ウマー | 22:57 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
某所から −ザッハートルテ−
某所から内祝いがやってきた。
 #日本語が変ですけど(苦笑)

選べる内祝い@阪神百貨店、というやつで、
デメルザッハートルテを選択。
今日届いたわけ。

ザッハートルテ@デメル
これだけでも十分ウマー、なのだが、入ってきた箱もすごい

ザッハーの入ってきた箱はこんなに素敵

おいしくいただきました。
本当にオーストリアで食べてみたいなぁ…
( ゚Д゚)ウマー | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ビフテキ&ファイヤー!!!
今日は相方のいとこさんがやってきたので、ちょっと奮発してビフテキをおごる。

へなちょこ心理士、結構ビフテキ焼くのにはうるさいわけで…

塩・胡椒をまんべんなくなじませた上、しっかり大蒜を効かせて強火で一気に表面を焼いて、後は弱火でじっくりと。
その後で再び強火にして肉を裏返し、ニンニクスライスを投入。
こんがりといったところで、特製のたれを投入。
この際に、ファイヤー!!!となります。

すぐに肉を取り出し、残りのソースをちょうどいいくらいに煮詰めて、ステーキにかけてできあがり。

なかなか(・∀・)ノGOOD!!でしたYo!

秘伝にたれのレシピは…
続きを読む >>
( ゚Д゚)ウマー | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ラーメン喰いたい
ラーメンが食べたい。
とにかくラーメン
とにかくラーメン
とにかくラーメン
とにかくラーメン

どこぞのi子が天下一品のラーメンを食べてきたらしい。

とにかく、こちらの方のラーメンは味が薄くていかん。
やっぱり、コテッとしたギトギト系が食べたい。
薄すぎるラーメン食べてると、うどんにごま油たらして喰っている気分になってくる。鶏ガラでも豚骨でもかまわないから、こってり系が食べたい。

脂肪肝など全く気にしない。とにかく食べたい!!!!!
( ゚Д゚)ウマー | 20:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
【晩飯】いくら丼【( ゚Д゚)ウマー】
今晩のご飯はいくら丼。
いくらは自家製醤油漬け。

いくら丼

ちょっといくらの皮が固かった。
相方は好みだったらしいが…
( ゚Д゚)ウマー | 20:14 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |