尾崎豊はアイコンでしかないのではないのか
JUGEMテーマ:学問・学校
先日から話題になっている件。
朝日新聞から転載

成人の日に−尾崎豊を知っているか

ああ、またオヤジの「居酒屋若者論」か、などと言わずに、聞いてほしい。

 キミが生まれた20年前、ロック歌手・尾崎豊が死んだ。その時のオヤジより少し下の26歳。雨中の追悼式に、4万人が長い長い列を作ったものだ。

 新聞には「高校を中退し、自由を求めて外に飛び出した彼の反骨精神が、僕を常に奮い立たせていた」と投書が載った。

 彼が「卒業」「15の夜」といった曲で歌ったのは、大人や社会への反発、不信、抵抗。恵まれていないわけじゃないのに、「ここではない、どこか」を探し、ぶつかり、傷つく。

 その心象が、若者の共感を呼んだ。尾崎の歌は高校の教科書にも採用されたほどだ。

 ところが最近は、うんざり顔をされることが多いらしい。

 オヤジと同世代、精神科医の香山リカさんは毎年、大学の授業で尾崎豊を聴かせ、感想を問うてきた。ここ数年「自己中心的なだけじゃないか」「何が不満かわからない」と、批判的な意見が増えているという。

 教室に居並ぶのは、親や世の中に従順な若者たち。キミと同い年なら、石川遼くん?

 でも、就活の道は険しいし、滑り落ちたら、はい上がるのは難しい。時代は、尾崎のころよりずっとずっと生きづらい。

 だけどキミたちは「自分にスキルが欠けるから」と、どこまでも謙虚だ。格差も貧困も「自己責任さ」と、受け入れてしまっているようにみえる。

 尾崎豊はどこへ行ったのか。

 あの時の尾崎と同じ26歳、気鋭の社会学者、古市憲寿さんには「オヤジよ、放っておいて」と言われそうだ。

 近著「絶望の国の幸福な若者たち」では、20代の7割が現在の生活に満足している、との調査結果を紹介している。過去40年で最高だ。

 将来の希望が見えないなか、未来を探すより、親しい仲間と「いま、ここ」の身近な幸せをかみしめる。そんな価値観が広まっているという。

 なるほどね。いくら「若者よもっと怒れ」と言っても、こんな社会にした大人の責任はどうよ、と問い返されると、オヤジとしても、なあ……。

 でも、言わせてもらう。

 私たちは最近の社説でも、世界の政治は若者が動かし始めたと説き、若者よ当事者意識を持てと促した。それだけ社会が危うくなっていると思うからだ。

 だから、くどいけれど、きょうも言う。成人の日ってのは、そんなもんだ。

 ともあれ、おめでとう



「成人式はバカと暇人のもの」 若者に「尾崎豊」を強要するのはやめなさい

今年の成人式は、実に気持ちいい。というのも、この10年くらいずっと続いてきた「成人式で荒れる若者」的な報道を目にしなかったからだ。ネット上で話題になったのは、主に次の二つである。一つは、朝日新聞の社説だ。「成人の日に―尾崎豊を知っているか」。もう一つは、熊本県阿蘇市の佐藤義興市長が成人式でお世辞にも上手だとは言えない歌を披露したことである。

実に牧歌的であると感じた。特に前者については、「若者はかわいそうだ」と感じざるを得なかった。大人もバカで頼りないことを可視化してしまったからだ。


これはいかにも○日の匂いだ。信条左翼で行動右翼、という感じ。
それではそれに批判したアゴラ・常見陽平氏の発言を引用


■新成人も、私も「尾崎豊」を知らない
まず、「尾崎豊を知っているか?」と言われても、新成人は「知りません」と答えざるを得ないだろう。新成人はとっくに平成生まれで90年代前半生まれだ。尾崎豊が亡くなった92年に彼らは生まれたのだから知るわけがない。ただ、名前と代表曲くらいは知っているかもしれない。ミュージシャンのインタビューで彼らが影響を受けたアーチストとして紹介しているのを聞いたり、あるいは宇多田ヒカルやミスチルがカバーするのを聴いたのがキッカケだろう。あるいは、尾崎豊は何年かに一度、再評価されているので、そこで知ったのかもしれない。

ただ、今年の新成人が彼の生き方と歌に全面的に共感するとは思えない。さらに言うならば、尾崎豊が生きていた時代にティーンエージャーだった私だって、別にリアルタイムで尾崎ファンだったわけではなかった。当時の私にとって、尾崎豊の歌詞は響かなかった。もっとうるさい音楽の方が心を揺さぶったのだ。たしかに同級生は尾崎豊を聴いていたが、私やその周りにいるバンド仲間にとっては洋楽のガンズ・アンド・ローゼズの方がよっぽど音がうるさかったし、暴力とセックスの匂いがプンプンしていて刺激的、魅力的だった。

「それは、お前の音楽の趣味だろ」と言われそうだが、まったくもってその通りだ。いや、実はそれだけではない。90年前後の当時だって、音楽の趣味も生き方もとっくに多様化していたのである。ゴールデンタイムで歌番組を放映する時代は、ほぼ終わっていた。厳密にはミュージックステーションなどの番組はあったし、まだCDTVなどのランキングに入る曲も、カラオケで皆が歌う歌も似通ってはいたが、「国民的ヒット」というのがあり得なくなったと言われたのが、この時期である。「ドリカムやB'zがミリオンを連発しているというのに、サビを歌えない人がいる」ということが当時から言われていた。当時の若者は誰もが尾崎豊を聴いて、共感したわけではないのである。バイクを盗んだり、夜の校舎の窓ガラスを割ったわけでもない。

もっと言うならば、尾崎豊は影響力、存在感はあったものの、決してバカ売れしたアーチストではない。前述したドリカムやB’z、ミスチルの方がよっぽど売れている。ちなみに、日本で一番売れた男性ソロアーチストのアルバムは河村隆一の『LOVE』である。実は私はこのアルバムが大好きなのだが、当時も商業的だと揶揄され、ファン以外はナルシストすぎると言われ、今ではBOOK OFFで105円くらいで買えるこのアルバムが、実は尾崎豊のどのアルバムよりも売れたのである。これもまた皮肉なことである。

■いつも若者不在の若者論
ここ数年、メディアは「若者かわいそう論」の大合唱だった。私の専門の新卒採用についてもまさにそうで、メディアは就職難に苦しむ若者の姿を紹介し、読者の共感を得てきた。さらには、世代間格差の話になったりもする。

ただ、この手の議論は若者が不在の議論になりがちである。今回のように、「尾崎豊を知っているか」と言ってみたり、スティーブ・ジョブズが死んだら、"Stay hungry,Stay foolish"という名言をドヤ顔で受け売りしたりする。では、若者が尾崎豊化したら、スティーブ・ジョブズ化したら、全力で叩き潰すのが大人たちである。新卒採用においてもそうで、企業が掲げる求める人物像というのは、「そんな人材いるのか?」というほど神さまスペック化していくし、ないものねだりだ。一方、そんな求める人物像に合わせるように学生は演技し、結果として企業には「マニュアル学生」だと解釈されたりする。そんな不幸な連鎖が続いていて、なかなか悩ましい。

今回の朝日新聞の社説に関しては、「ネタじゃないのか」「実は新成人じゃなくて、大人たちへのメッセージでは?」という解釈もあるようだが、言いっ放しでは意味がない。若者に期待していそうで、この言説自体が実は、昭和的価値観、20世紀的価値観にしがみついた考え方ではないだろうか。つまり、新しい時代をつくるということなんか、何も期待していないのではないだろうか。

実は「こうなれ」と押し付けるよりも、「どうなりたいのか?」と傾聴する姿勢を大切にしたい。もっとも、若者にとってなりたいロールモデルがなかなかないのは、今も昔も課題なのだけれど。

一つだけ言うならば、今回の朝日新聞の社説や、歌を歌って失笑を買った阿蘇市長を見て分かるとおり、別に大人たちが素晴らしい能力や考えの持ち主であるわけではないということだ。皮肉なことに、彼らは身を持って、「大人も色々あるんだよ」と教えてくれたのかもしれない。自分の眼で見て、自分の頭で考えて、自分の言葉で話すことが大事なのだ。大人にしがみついてはいけない。新成人よ、「自分はどう思うのか?」と考えるクセをつけ、自分で自分を支え、試行錯誤をサボらず、紆余曲折を怖がらないで欲しい。くれぐれも言うが、バイクは盗まなくていい。窓ガラスも壊さなくていいのだ。

これはこれで、何となく的を外しているような気もする。

とおもっていたら、こんな記事も見つけた。
ニューズウイーク日本語版・冷泉彰彦氏のコラム

 アメリカには成人式というものがありません。18才で法的に成人する若者に、社会全体で期待をしたり説教をしたりという習慣はないのです。成人式的なメリハリは宗教が担っているという理由もありますが、もしかしたら世代ごとに世界観の論争をしたり、反抗と抑圧の抗争をしたりというカルチャーが弱いからかもしれません。そもそも核家族イデオロギーが機能する中で親子が比較的仲が良いということもあると思います。それがアメリカの強さと弱さを輪郭づけています。

 そんなアメリカとの比較で言えば、日本から聞こえてきた成人式の日の「今の若者に尾崎豊のような反抗を期待」するという朝日新聞の社説と、その社説を批判した常見陽平氏の『「成人式はバカと暇人のもの」若者に「尾崎豊」を強制するのはやめなさい』というアゴラの記事を巡る論争は大変に興味深く思えました。

 尾崎豊と言えば、校内暴力の時代の「反抗カルチャー」の象徴とされています。常見氏は別の場所で尾崎のラブソングには一定の評価を与えていますが、それはそれとして尾崎の多くの歌詞が80年代後半から90年代にかけての「若者の反抗」というカルチャーを代表しているのは事実でしょう。

 日本が最も豊かであったあの時代に、どうして校内暴力の反抗が起きたのでしょうか? そこには2つの理由があると思います。1つは、日本が高度成長から二度の石油ショックを乗り越え、自動車と電気製品を中心に輸出型ビジネスを大成功させる中、ようやく「豊かな社会」を実現したという時代背景です。物質の豊かさは精神の豊かさ、つまりより高度な抽象概念への関心や、より高度な付加価値創造への欲求へと若者を駆り立てたのです。

 ところがそこに、教育カリキュラムとのミスマッチが起こりました。教育カリキュラムはせいぜいが「前例を疑わない官僚」や「主任教授の忠実な弟子である研究者」「代々受け継がれてきた職人的な創造者」などをエリートとして養成しつつ、多くの中間層に関しては定型的な労働における効率を追求する人材育成のプログラムしかなかったのです。

 つまり、若者の中には無自覚ではあっても「その先の社会へ」と進むモチベーションが高まっていたのに、教育がそれに応えなかったのです。やがて、ずいぶん後になってから「ゆとりと総合的学習」などという半端なコンセプトが提出されましたが、基礎訓練を強化した上で抽象的な概念のハンドリングへ進むのではなく、基礎訓練の劣化を伴いつつ指導者の育成もせずに「総合」などというのでは破綻するのは当たり前でした。

 ちなみに、この「ゆとり」に関して言えば、前思春期には基礎を叩きこんで、思春期から先に抽象概念にチャレンジさせるという定石も外していました。実際はその反対だったのです。前思春期に「おままごと」のような「総合」をやらせておいて、思春期以降は「受験勉強」に戻って定型的な訓練と規範への盲従を強いるという、まるで人格を成長「させない」ようなプログラムになっていた点も厳しく批判されなくてはなりません。

 もう1つ、校内暴力の背景にあったのは教員の質の低下でした。80年代の世相の中では、「利害相反の中でコミュニケーションの仲介をする」という当たり前の社会的行動を「忌避する」タイプが多く教員になっていったように思います。バブルの拡大を前にして「ビジネス志向」の若者が企業社会に飛び込む中で、「そうではない」タイプが教壇を目指したのです。

 拝金主義を嫌って本質的な人格育成を担う志があるのならまだ良かったのですが、利害相反の調整行動を「イヤ」だ「辛い」というタイプを教員にしたのは間違いでした。世代間のカルチャーがどんどん変化する中で、教員に求められるのも「高度な利害相反の調整能力」であったのです。そのスキルのない教員には、生徒の「変化への衝動」や「権威への疑い」に対処できるはずはありません。

 そこで当然の帰結として管理教育が導入されました。管理教育というのは、強者ゆえに管理に走るのではなく、無能な弱者ゆえに細かな規則などによる管理でしか学級運営(クラス・マネジメント)ができない、教育のレベル低下であったのです。原理原則を軸として柔軟な価値判断や現実的な紛争調整をすることができない無能な教員が、生徒の「変化や破壊の衝動」を圧殺するという悲劇が繰り返されたのでした。

 尾崎は少なくともこの点は見抜いていました。その意味で歴史的な意味合いはあると思います。ですが、20年を経た現在、この点で尾崎を最評価しても何もならないと思います。

 1990年の時点では「高付加価値」や「抽象概念」が扱えない大人には、反省はまるでありませんでした。自分たちが日本社会を「先へ進める」ことを妨害しているのに気づかず、過去の成功体験や代々受け継いできた訓練ノウハウを疑うこともしない彼らに対して、当時の若者が激しい異議申し立てをしたのは当然だと思います。

 ですが、現在は時代状況は違います。今、日本社会が直面しているのは一種の撤退戦です。国際競争の中で負けた部分を放棄しながら、何とか生き残るために必死に戦うというのが、現在の「大人」の姿ではないでしょうか? そこには豊かさの中で変化を圧殺し続けた1990年の時点での「大人」のような罪深さはないように思うのです。今、必死で生きている日本の「大人」に対して、日本の若者に「反抗せよ」というのは正義ではないと思うのです。

 勿論、生きるために必死な人間が「下の世代にフレンドリー」だという保証はありませんし、下の世代からしても「現実の中で必死な姿勢の全てが尊敬に値する」わけではないと思います。必死である大人は、時として若者の利害も踏みにじろうとするでしょうし、撤退戦に必死な姿をマネしているだけでは生き残ることも難しいからです。

 若者は若者で、困難に満たされた社会、危険と隣り合わせの現実社会の中で、成熟した防御の感覚を備えているのだと思います。現状に満足かと問われれば、とりあえず「イエス」と答えておくその姿勢の防御的な成熟には、「その先へ」と進んでゆく可能性も感じられるのです。そうした若者には「戦略なき反抗」などという破滅志向はないのであり、それはそれで正しいのだと思います。尾崎の歴史的意義はあるにしても、再評価は不要というのはそういうことです。

3つのコラムを読みながら思ったこと…

長くなったなあ…・
続きを読む >>
へなちょこ教育論 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
久しぶりの教育論…嬉しくないが
JUGEMテーマ:学問・学校
これってどうなの?

 

心の病で休職、18年ぶり減=公立校教員、依然5400人―文科省

時事通信 12月22日(木)16時11分配信

 2010年度にうつ病などの精神疾患で休職した公立学校の教員数は5407人で、18年ぶりに減少したことが22日、文部科学省の調査で分かった。病気休職者全体は8660人で、過去最多を更新した。
 同省は「精神疾患休職者の減少は相談窓口設置や復職支援プログラムによる効果が出たとみられるが、依然として高い水準で、今後も対策を検討したい」としている。
 公立の小中高や特別支援学校の教員約91万9000人を対象に休職者や処分者について調査した。 




一応、明るい兆しのニュースのようには見える。
しかし、本当にそうだのだろうか?
教育現場の大変さって、よく考えれば簡単な答えだ。
教育するということは、将来の生産性を担うように、様々な形で教え、育み、指導し、技能をつけさせ…。本当に重責であるのはいうまでもないことだろう。
では、その現場に立つ教員(敢えて、教育臨床実践者としておこう)が、精神的に不調を来たし、ついには職場にいることが困難になる状態が、18年間も続いていた、18年目にしてやっと減少に転じた、ということになるまいか?
一般企業だったら、簡単に休職できない等のやっかみめいた批評もあろう。
しかし、職責から考えるに、このような状態が、まさに“常態化”していた事の方が、恐ろしくはないだろうか?
それこそ、一般企業なら倒産しているかもしれない。

教育現場のゆがみ、って結局は教育を受ける児童・生徒に跳ね返ってくるんだけどな。
そうなると、将来の生産性はどうなるのか?

考えるまでもない質問のようにも思える。

へなちょこ教育論 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ヴェールは
イスラムの方々が着用するヴェールは、全てブルカではないらしい。
へなちょこ教育論 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なかなかイカしてる?
知ってる?現代っ子「雨ニモアテズ」
7月12日8時8分配信 産経新聞


 詩人の宮沢賢治に「雨ニモ負ケズ」という有名な詩がある。東北地方で貧しい農民たちと生活をともにした賢治が、こういう人になりたい、と自分にいいきかせた素朴で力強い詩だ。

 そのパロディーに「雨ニモアテズ」というのがある。賢治のふるさと・岩手県盛岡市の小児科の医師が学会で発表したものだそうである。職業上多くの子供たちに接していて、まさにぴったりだと思ったという。作者はどこかの校長先生らしい。

 雨ニモアテズ 風ニモアテズ

 雪ニモ 夏ノ暑サニモアテズ

 ブヨブヨノ体ニ タクサン着コミ

 意欲モナク 体力モナク

 イツモブツブツ 不満ヲイッテイル

 毎日塾ニ追ワレ テレビニ吸イツイテ 遊バズ

 朝カラ アクビヲシ  集会ガアレバ 貧血ヲオコシ

 アラユルコトヲ 自分ノタメダケ考エテカエリミズ

 作業ハグズグズ 注意散漫スグニアキ ソシテスグ忘レ

 リッパナ家ノ 自分ノ部屋ニトジコモッテイテ

 東ニ病人アレバ 医者ガ悪イトイイ

 西ニ疲レタ母アレバ 養老院ニ行ケトイイ

 南ニ死ニソウナ人アレバ 寿命ダトイイ

 北ニケンカヤ訴訟(裁判)ガアレバ ナガメテカカワラズ

 日照リノトキハ 冷房ヲツケ

 ミンナニ 勉強勉強トイワレ

 叱ラレモセズ コワイモノモシラズ

 コンナ現代ッ子ニ ダレガシタ

 賢治が生まれて100年あまり。そのころ日本中はどこも貧しかった。

この手のパロディーは結構あったと思うのですが。なかなかおもしろい。
それでいいんだよ、とは誰もいわない。
へなちょこ教育論 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
卒業って
まあ、卒業式って何のためにやっているのかわからない感じもする。
“にしかはのつれずれなるままに”のにしかは氏も3月15日のエントリで、書いてはりますけど…

そういや、いまの中学生や高校生、尾崎豊を聞かせたら、あまり反応がなかったっけなぁ。
しまいに、合唱コンクールの曲や、とかって言い出す香具師までいる始末…。
短ラン・ボンタンなんていうのももはや死語でしょうかね?
リバックスとかキングダッシュとかも…

本来、エネルギーの向きが勉強に向かっているかどうかわからないし、将来の夢も希望もまだまだ絞り込めない時期に、「これで卒業だ」と言われたところで何の感慨もないものじゃないのかな?
セレモニーにばかり力を入れるのではなく、もうちと卒業ということ自体を教えてやることも必要なのでは、と思ってしまう。

卒業式を厭がる連中に、とりあえずでておけ、みたいなことは意味ねぇ気がするんだな。
つか、そんな香具師を卒業させんな!
へなちょこ教育論 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
子どもは
ぶんなぐればお行儀がよくなるのか?
厳しく躾ることだけがいいことなのか?

個人的には(もちろん暴力反対であることはいうまでもないのだが)殴りたきゃ殴れ。厳しくしたければ厳しくしてもいい。

でも、しっかりと受けとめていますか?
受けとめること無しに、厳しくするのは、タダのいじめ。

親の躾の名を借りた、いじめ。

撫でてもらえなくては、それはおかしいと思う。
へなちょこ教育論 | 01:27 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
ありえない入試問題
私立中入試算数 問題文に問題あり あり得ぬ設定多数

こういうのって止めて欲しい。

確かに、こういう問題って、塾講師や家庭教師時代によく経験した。
そのときはありえへんやろ、っておもわずツッコミ

まあ3K新聞の記事なのである意味ではちょっと誇張もあるのだろうけど、(実際にどう考えても記事書いた記者の科学的思考力を疑うのも確か)だけれど、問題そのものがありえない。

確かに、問題文をしっかり読め、内容は本当かどうかは保障しない、という言い訳も可能だろうけど、(実際そう言って指導していた気もする)ちゃんとした問題をつくって欲しい。だから読解力と問題文との関係を無理にこじつけるこの記事書いた記者の方も、かなり問題ありすぎ

やっぱり、ホリエモンに買いとってもらった方がよかったのではないのかと思ってしまう>フジサンケイグループ
そのほうが、能力のない記者をスッパリ切ってくれそうだし。
それともF桑社は早く歴史以外の教科書も作りたいのかな???

そういえば、味の素と砂糖と塩をどうやって区別する?、と聞いたら、炎色反応とPH、と答えた生徒さんもいたっけなぁ。ちなみに
生活レベルに知識がついていっていないことの現れ。
もしも、中に青酸カリでも入っていれば、あるいは何かわからないのであれば、それもアリだろうけど、最初から味の素と砂糖と塩だったら、舐めてみるだけで充分だしね。

それとも、お母ちゃんに、“グル曹は舐めちゃいけません”とかって言われているんだろうか???
へなちょこ教育論 | 21:52 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
社会の矛盾に怒
学校現場って本当に大変。

先生たちもみんな、オーバーワークを承知でなんでもやっている。それはそれで良いのだけれど。

生徒たちも色々な意味で、矛盾をかかえている。それはそのまま放置しておいて良いのだろうか。

お互いにいい子を演じているように思えて仕方がない…

楽しいですか>みんな
つらくないですか>みんな
へなちょこ教育論 | 17:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ゆとり教育でケンケンガクガク…ガッタガタ(苦笑)
「北海道」分からない小5過半数
学力低下歯止め「?」
 小学五年から中学三年を対象に文部科学省が実施した学力テスト「教育課程実施状況調査」の結果が二十二日公表された。「ゆとり教育」の現行学習指導要領導入後、初めての調査で、前回(平成十三年度)より計算問題などを中心に正答率が上がり、学力低下に歯止めの兆しがみられた。しかし、小学五年で「北海道」が分からない子供が過半数に上ったほか、記述式問題などは正答率が低下し、応用力などに依然、課題を残した。
 中山成彬文科相は「ゆとりの反省と見直しがあり、底を打って上がりつつあるのではないか」と述べ、今後も「ゆとり」見直しの方針を進める考えを示した。
 調査は、「学習内容の三割削減」の現行指導要領の二年目にあたる昨年一−二月に実施された。
 同一問題の比較で正答率が前回を上回った問題は43%、下回ったのは17%。単純な計算問題や漢字の書き取りなどで正答率が上がった。しかし、小数と分数の割り算や、国語の記述式問題で前回を下回った。問題ごとに「このくらいはできてほしい」と文科省が予想正答率を設定したが、小学校の国語、中学の数学・英語を中心に予想を下回る問題が多かった。
 例では、小学五年算数の円の面積を求める問題で正答率56%(予想75%)、中学三年理科で日の入りの地平線に沈む太陽の位置関係を問う問題は正答率47%(予想60%)だった。
 また、小学五年社会で、「日本列島は四つの大きな島から成り立っています。北から( )、本州、四国、九州」と、カッコ内を問う問題で「北海道」と答えられたのは48%(予想80%)。かな書きや漢字の誤字も許容されたがショッキングな結果となった。歴史では明治以降の問題などで正答率が低かった。
 全体的に正答率が上がったが、新指導要領では学習内容が三割削減され出題範囲が狭くなったにもかかわらず、予想正答率を下回った問題が多かったことを文科省は厳しく受けとめている。
 一方、学習意欲・生活態度についてのアンケート調査では「勉強が好き」と答えた小学生が45%(前回比5ポイント増)などわずかだが改善傾向がでた。「朝食を必ずとる」と答えた中学二年の英語の平均点が、「とらない」と答えた子供より一割程度上回るなど、「基本的な生活習慣が身についている生徒はペーパーテストの得点が高い」(国立教育政策研究所)傾向もでた。
(産経新聞3/23)


あのー、最初から小数・分数の計算は削減されていたので、それこそ想定の範囲内(cホリエモン)でわないのか?
近現代史もかなりうすっぺらいのは元々だったし、その後は更に削減されている。本気で教えるなら、その辺りもしっかり教えることが肝心かと思われ。
もっとも、ソースが3K新聞なので、「新しい歴史教科書」(扶桑社)に誘導する異図が見えてくる(爆)

まあ、それはさておき、やっぱり新聞の報道っていい加減だと感じたのは、パーセンテージの呈示だけで、検定さえされていない統計データをそのまま垂れ流すこと。僅か数%の違いって、タダの誤差かもしれないしね。想定ならぬ誤差の範囲内ってヤツ。
また、〜の傾向というのは、ただ単に相関関係を示したに過ぎず(正確には相関関係にある可能性を示しただけ)、それにも関わらず因果関係を存在・推察させるような記述をしてしまっていること。

新聞記者を再教育させる方が先なのではないかと小一時間…

もっとも、北海道くらいはわかっててほしいのは理解できるが
へなちょこ教育論 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
学力アップ
文部科学省は22日、昨年1−2月に全国の小学5年−中学3年約45万人を対象にした教育課程実施状況調査(学力テスト)の結果を公表した。2002年の前回と同じ問題で、正しく答えた割合(正答率)が全体的に上昇、大半の教科・学年で前回を上回り改善傾向を示した。
ゆとり路線を掲げて02年春に導入した学習指導要領の下で初の調査。学力低下を懸念し、基礎基本の定着を図る学校が増えた反映とみられ、単純な計算式や漢字などの正答率は軒並み上昇した。しかし、記述式を中心に悪化した問題もあり、課題を残した。
中山成彬文科相は会見で「学力低下に若干の歯止めがかかった。ゆとり(路線)ではいけないと軌道修正してきた結果だ」とし、脱ゆとり方針の維持を表明した。
(共同通信4/22・強調は筆者)


そんなに簡単な問題なのか?
既にゆとり教育がおしすすめられた世代の調査であるので、これで学力低下に歯止めが掛かった、というのはいかにも後付けの理屈だ。
もうちょっとデータを読む方法を身に着けてよ。
ひょっとしたら、ゆとり教育の良いところが出て来たんじゃないか、とも考えられるんだけど、それをふり返るだけの余裕がないと見た。
つか、教育って、その国の未来を創りあげるモンだろう。それを朝令暮改的にコロコロ変えるのって、幾らなんでも御粗末なんじゃないのか?
10年先、20年先まで見こした形でやってこそ初めて実になるものではないのか。基本的に、ゆとり教育の骨子は賛成しているが、やり方に問題があっただけなのではないのか?
今の状態では、ただ、教科書の中味を薄くしただけだし、中等・高等教育の現場ではしわ寄せしかきていない。初等・中等・高等教育すべてに大鉈をふるう位でないと意味がないだろ。

大学では今や一般教養科目などほとんど無いに等しい。考えても見よう。私立の大学なら3教科あれば入学できる。それじゃあ、理系バカ・文系バカの巣窟にならないか?それでなくても、化学は知っていても生物の知識の全くない農学部生とか、生物取っていない医歯薬学部生とかいっぱいだ。文系の方でも、分数の計算さえできない学生だらけだ。きょうび、文系といっても調査やら統計やらバンバン使うんだ。その事シラねぇとはいわさねぇぞ…、って文科相自身がわかっていないか(爆)



この国の未来は一体どうなるんだ???
へなちょこ教育論 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |