<< 名刺 | トップ | チョコレィト魔神 >>
先生あなたはなにものですか?
こんなニュースもあるわけで

神奈川県藤沢市の市立片瀬中学校で昨年12月、理科を担当する男性教諭(39)が、後期中間試験の「成績カード」にでたらめな点数を記入し、生徒に配っていたことが22日分かった。
 同校によると、教諭は採点前に、過去2回の試験成績を基に点数を憶測しカードに記入していた。「部活動の指導が忙しかった」と説明、生徒に謝罪したという。市教育委員会も教諭から事情を聴いている。
 教諭は2年生161人を担当。試験は昨年12月6日に行われ、カードは12日に配られた。配布後、教諭が採点した答案が生徒に戻されて発覚した。実際の点数が50点も高かった生徒もいた。
 同校はカードを回収し、正しい点数に差し替えた。
(共同通信) - 1月22日11時14分更新


これについては、マイペースな日々glass-forestさんが1月22日のエントリ、要らないに述べられているのでトラバ&一部引用

-----引用ここから-----
失敗したからって、ゲームみたいにリセットできないんだぞ。そのまま続くんだ。
実力で届かないならまだ納得できる。でも、こんな理由はくだらなすぎる。
そもそも先生だからって、大人だからって、こんなこと安易に扱える権利なんてあるのか?
教える者と教えられる者って上下関係はあったとしても、だから(生徒を)煮ても焼いても
構わないって話にはならない。生徒は下僕じゃない。
生徒の、他人の人生を動かしかねない作業ならば、いい加減になんてできない。

-----引用ここまで------


まあ、人間だれしも、失敗する権利は持っているさ。
でもねえ…
これって、失敗以前の問題でしょ?
やれねぇなら、やれねぇって言えやゴルァ!

公務員系の人(全てとはいわないけれど)って、本当に人事労務管理がいい加減。教育現場に入って本当によくわかった。必要なところに人が配置されないし、必要ないところに大量配置されていたり。
逆に、OJTにしろOff-JTにしろ、ほとんど考慮されていない。
義務的な出張とか、研究会とか、研究紀要とかはありだけどね。それをスキルにしていくという姿勢、査定ってほとんどされていない感じ。

ふつうの会社だったら完全に倒産してるよ。

それでもしっかり仕事されている、教員の方々には頭が下がるけど、もともと、教えるってそんな簡単なことじゃないよ。教える分野のこと、教えなきゃいけないことの10倍でも20倍でも、しっかり身につけていない人間に教えることなんてできるとは思えない。
まして、大学出たてのホヤホヤに教えられると思うの?
人間性なんてことを言うと、本当にツッコミ満載だけど、実際に指導力も人間性も確かめるようなことって、全然されていない気がする。

大学のように任期制にする、というのも一つかもしれないけど、なんだかんだ言っても、建前が終身雇用の維持、だからね…orz。
ついでに、成果あげようとして、某国のように論文でっち上げる輩も出てきそうだし…

少なくとも、もうすこし予算とってあげられませんか?
特に、人件費と、施設費。
んで、ちょっとだけ厳しめに能力査定できませんか?
おまけで、もう少し甘く見てあげられませんか?
(ただし成果の部分のみね)

将来の日本がやばくなるよ??
このままだと、ア○ォの拡大再生産になりかねませんから…


追記:評価は適切にしっかりと(苦笑)
時事ネタ | 18:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
TB ありがとうございました。
先生ってちっとも楽な職業じゃないんですよね。安易にやってもらっちゃ困るし、定期的に能力査定してほしいなぁ…と思ってしまうものの、誰が?どうやって?って思うし、基準なんて設定できるのかなぁ?なんて素人ながら考えてしまったり。
例えば、人間関係に正しい答えなんてあるんでしょうか?
…ない、と思ってしまう私には先生とはこうあるべき、なんて主張する権利がないのかもしれませんね。
書いたことは否定しないけれどでも、粗ばかり探してた自分には反省、しました。
| glass-forest | 2006/01/24 1:18 AM |

>glass-forestさま
ちゃんと教えてあげられたらそれで上等のようにも思いますけどね。粗もみえなきゃ文句も言えないんですよ。

人間関係に正しい答えなんてありません。もしも、この部分に正しい答えを求めたら、それこそ、人間って画一化されたモノでしかなくなると思いますから。

本当は、どんなときにもその人が、その人として向き合うことではないのかな?
ちょっとマジレス…
| へなちょこ心理士 | 2006/01/24 8:09 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogblog.psycho-therapist.biz/trackback/431270