<< 会議とは | トップ | 仕事始め >>
スクールカウンセラーの将来
結局、予算が随分削減されているみたい。
来年度(19年度)以降さらなる削減の可能性もあり。

20年度以降は、というよりも19年度自体危なそうな悪寒。

どうなることやら・・・


だいたい、ロテ職人さんのblogの3月12日のエントリ、「SCに関するタレコミ その2」とほぼ内容は大筋で同じです。

つまり、
SCの財源のうち50%は国からの財源→これが二十数パーセントカット
派遣校数は維持するために、一週8〜12時間を少しばかり拡大解釈?して、数校ををひとまとめにして拠点校対象校方式で計算。一週一校6時間、年間35週間、210時間とする場合がある(都道府県によって異なる)。
SCは時給5000円以上、準SCは3400円は最低線として今年度は維持。ただし、これは今年度に限ったことで、来年度以降はわからない。

義務教育費の一般財源化によって、今後この事業自体が抜本的見直しが迫られる。場合によってはピンポイント的な形での継続(必要なところにのみ派遣など)になる可能性もあり得る。

19年度以降については18年度中(前半)に対応の協議がある。


ソースは
某県教育委員会某指導主事の発言から
心理・サイコ | 12:44 | comments(3) | trackbacks(1) | - | - |
コメント
デスマとロテが同一人物で自作自演ブログをやっていた。許せない。こいつらとまともな臨床心理士は手を切るべきだ
こいつら精神異常だ
社会制裁をしないと絶対に専門職として社会から臨床心理士はもう認められなくなる。
とくにロテは偉そうにご高説を述べてその陰で正反対のデスマキャラで、思い出すだけで腹が立ってくる。
認定協会に連絡してロテ=デスマの資格は剥奪させ、社会的信用を失うと言うことがどういうことか体験してもらうしかない。
とにかく許せない
| | 2006/04/01 2:57 AM |

 いじめ自殺の多発で,阿部総理の鶴の一声でSC増配が決まってよかったですね。やっぱり,いじめ自殺はSCにとっての神風です。今度は常勤化されるかも知れませんよ。10年に1度はいじめ自殺の大ブームが起こってくれるよう祈っています。
| 野生かえる捕獲人 | 2006/12/13 12:00 AM |


コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogblog.psycho-therapist.biz/trackback/480204
トラックバック
2006/03/31 12:57 PM
3/2のエントリ、SCに関するタレコミと3/12のエントリ、SCに関するタレコミ...
ロテ職人の臨床心理学的Blog