<< 大昔の思い出(タイヤ編) | トップ | エアコンに喝 >>
臨床心理士のビジネス
ロテ職人さんから5月31日の記事本日TBかかったので、お返しといっては何ですけど、こちらもいろいろ考えていることがあって、それも含めてまとめようとお返しTB。

ついでといっては何ですけど、そこに関連して、さいころじすと日記takashiさんの該当エントリにもTBしておく。

最近、地方の公立病院あたりでも臨床心理士の募集があったりする。こういう場合は公務員なので、結構わかりやすい給与体系になっていたりする。だいたいが20〜22万くらいが基本給となる様子。
類似の職種として、法務教官あたりも同じくらいの給与となるみたい。
ただ、こちらの方はやっぱり公務員なので、身分保障は厚い。棒茄子もしっかりでる場合が多いし、官舎もあったりする。ついでにベースアップも確実だったりもする。
で、税込み年収を計算すると約350万円くらい。(21万の基本給+4.7ヶ月の某茄子として計算)

これも見たあなた、ひょっとしたら、自分の方が上だとほくそ笑んでいませんか?
特に、SC+非常勤を掛け持ちしているあなたです。
これには自分も含まれます。
たとえば、年間35週、一週間あたり14時間SCに行くとすれば、270万円位もらえます。ええ、はっきり言って美味しいです。これは。それにちょこちょこっと非常勤を二つ三つ入れたら、十分に公務員心理職の初任給くらいはもらえます。うまくいけば500万くらいの年収も夢じゃないでしょう。

さて、ここで問題。純粋においしいハナシでしょうか?
この場合、社会保障は全く最低限になるのです。ええ。
健康保険は国民健康保険、年金も国民年金です。
将来を守るためには、なんか別に自分で、401kなり国民年金基金なり年金保険なり、何かに入っておく位のことは必要でしょうね。第一、退職金なんてものは全くありません。ベースアップもありません。SCの先行きも暗いです。多分…。ずっとこのままでいられるわけはありません。

結局、それって、広義のニートじゃなかとですか
せいぜいフリーターです。
 #注:もちろんここではニートやフリーターを見下すような
    つもりは毛頭ございませんよ。ええ。少なくともこのエントリでは



一部でEAPなどメンタルケアのビジネスも出てきていますが、ほとんどは病院が別部門で運営していたり、ビジネスチャンスとばかりに新規進出組だったり、怪しげなところが運営していたり…。
別に、病院が別部門でメンタルケアビジネスに進出したり、新しいビジネスチャンスを模索する投資家がいてもいいのですよ。むしろ、その方が健全でしょうし。
もちろん、怪しげなところは論外ですが。
もっとも、このようなところも、常勤・正社員として職員(心理職も含む)を雇うことは少ないようです。時給や日給は高いようですが、結局はアウトソーシングビジネス請負会社がアウトソーシングでやっている場合が多い模様です。
このあたりの情報ソースは、個人的なものもあるので明かすことはできませんが、信頼できる筋からの情報です。

ロテさんが言うように
主たる勤務領域別の月収で「20万円未満」であると回答した者がもっとも多かった業種は「開業領域」だったりします。

というのも悲しいですが現実です。

専門家の日当ってやすくてもだいたい2万円以上
時間あたり工賃8000円〜って看板、自動車の修理工場あたりでみたことはありませんか?
それだけさえもらえていないんですよね。

こんなことを書くと、一部の方からは怒られそうですが、少なくとも旦那が心理職で、一家を養う、というのはかなり厳しいのが現実。下手をすれば共稼ぎのカミさんの方が収入が多かったりして。
じゃあ、、女性だったらいいのかというと、病院サイドなど雇用者としては、「女性の心理職は出産・育児休暇出さなきゃいけないから大変なんだよね」なんて声も聞かれています。
病院の場合は保・助・看の職種な方々が元々多いので、そのあたりの制度は整っている場合が多いのですが、資格取得者の人数が多いですし、人員もかなり流動的なようです。
それに比べて心理職や福祉職(MSWやPSWの人)OTやPTなどの場合は流動的にはなりませんから、雇う方も二の足を踏むみたいですね。

さて、これからどうなることやら…
心理・サイコ | 23:25 | comments(1) | trackbacks(3) | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogblog.psycho-therapist.biz/trackback/521117
トラックバック
2006/06/05 12:02 PM
06/06/02のエントリ、【臨床心理士の】こんな状況じゃ開業もアリ…だけど1【...
ロテ職人の臨床心理学的Blog
トラックバック
2006/06/06 11:33 AM
ロテ職人の臨床心理学的Blogのロテ職人さんと、LIFE IS NOT ENOUGH. Shit!!!!のへなちょこ心理士さんが、最近開業についてのエントリーを書いてくれてトラックバックしてくれました。それらについて、直接的間接的に思ったことなどつれづれに----。 その1 常勤雇用で
さいころじすと日記
トラックバック
2006/06/15 11:40 PM
へなちょこ心理士さんのblogの6月2日のエントリ, 臨床心理士のビジネス, 同じく,ロテ職人さんのblogの6月2日のエントリ, 【臨床心理士の】こんな状況じゃ開業もアリ…だけど1【惨状】 などで,臨床心理士の経済的基盤の脆弱さ,未来に対する漠然とした不安
臨床心理学徒生態誌