<< 乗り継ぎ | トップ | 商号の登記 >>
takashiさんへの答えその他
さいころじすと日記のtakashiさんから今年3月13日のエントリにコメントいただきました。これについては臨床心理士がビジネスをしていく上で重要なことだと思われるので、コメントへの返答と後日談を載せておきたいと思います。

なおtakashiさんが不愉快に感じられましたら、このエントリは削除または訂正させていただきますことを先に述べておきます。

おおー、さっそく問い合わせに行かれましたか。
すばらしい行動力ですね。この税理士は、民間
の会計事務所の人or税務署の人?


まずこの点に関してはある公認会計士の方でした。以前からの知り合いで、税理士さんでもあり、個人開業されています。相談料金を支払おうとしましたが、「大したことはしていないので…」と固辞されました。

>控除額と必要経費を除いて290万円以上の売り上げが見
>込められないなら、最初から青色・白色関係なく個人
>事業主を目指すべきではない。

これは何とも言えないですね。給与所得者でも給与所得
が300万切る人はたくさんいますしね。我々の商売は、
他と違って、基本的に収入がゼロに近くなることはあって
も、マイナス(損失を)になることはないですから。
まぁ、訴えられて損害賠償払うことになったら別ですが、
受注ミスやら売れ残りでマイナスになるというような
リスクとはあまり縁がないわけで。


と思っていたんですが、指摘されて改めて気がつきました。
はい、青色申告の場合は赤字を引き継げるんですね。
例えば、移動手段として自家用車(例えばSC先に向かう場合に用いる)があったとしたら、その原価償却費なども計上できるわけです。
ほか、何でも良いですよ。自分でオフィス立ち上げたときに、箱庭療法のセットやらロールシャッハテストの図版やら仕入れたとき、単年決算では赤字になる場合もあります。
備品などは大きな出費となることもありますので、その点では考えておいた方が良いと。
もっとも、事業規模に対して過大な投資、費用の計上などを行った場合、費用として認められなかったり、あるいは監査の対象になったりする場合もあり得るとのこと。

それと、相談していただいた公認会計士の某氏曰くでは、「290万円の上限額を意識して開業された方で、廃業しなかった例はほとんど無い」とのことでした。つまりは心構えの問題も必要だ、ということでしょう。

>青色申告特別控除(65万円)

めんどくさい帳簿付けをする代わりに、税制上のメ
リットや受けられるサービスは多いし大きいですから。
特に家族がいる場合は。


>青色申告で行う帳簿付けくらいは最低限必要な経営の
>知識である。

たしかにそうですね。


青色申告で複式簿記を採用すれば控除額に大きな違いが出てきます。
ついでに言えば経営のイロハのイのようなものなので、これを機会に知識を得ておくのも得策だとも言われました。例えば、株や投資信託の決算報告書などの読み方もしっかりわかるようになるとのこと。


>帳簿の付け方は青色申告会や税務署でレクチャーしてく
>れるのでそういう機会を逃さないで居れば良いのでは
>ないか。

心理士会や心理臨床学会でも税金・開業・会計について
のワークショップや講演などをするべきですね。


これには禿しく同感です。

私も近々税務署などに相談に行きます。


と、かくいう私も税務署で相談してきましたので、そちらもご参考に。
まあ、かなりお役所仕事的ではありますので、粘り強く相談されることをお勧めしておきます。また相談したい内容を先に準備しておくこともよろしいかと。ただ、指導・助言はしてくれますが、責任は持ってくれません(爆)


以下税務署で

Q:個人事業主として開業したいが
A:届け出をしていただければいつでも出来ます

Q:青色申告については
A:是非ともやっていただきたい。開業日から二ヶ月以内であれば可能だ

Q:個人事業主としてやっていく場合に何かアドバイスがあれば
A:商号・屋号を登記しておくこと、金銭の出し入れは商号・屋号の入った銀行口座で行うと、管理がしやすい。税務署としても、場合によっては監査せざるを得ないこともあり、個人資産の部分と事業の部分が独立している方が監査の際に審査する案件が少なくなるため、お勧めする。

Q:商号・屋号を登記するには、銀行口座に商号・屋号を入れるには。
A:法務局に行き登記したい旨、相談すればよい。

Q:商号・屋号を登記する際にかかった費用などはどう処理すればいいのか
A:一般論では開業準備費用として処理すればいい。印紙税や手数料などは租税公課に当たるので一般には費用に計上して構わない。
心理・サイコ | 15:18 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
いやー、勉強になります。

>なおtakashiさんが不愉快に感じられましたら、このエ
>ントリは削除または訂正させていただきますことを先
>に述べておきます。

いえいえ、そんなことは全く感じないですよ。お気遣い
どうも。
| takashi | 2008/03/18 11:41 AM |

ん? なんか長いコメントだとエラーが出ますね。
| takashi | 2008/03/18 8:55 PM |

なんで、
「HTTP エラー 403 - アクセス不可」

って出るんだろ----?
| takashi | 2008/03/18 11:29 PM |

>つまりは心構えの問題も必要だ

勇気というか、開き直りというか、捨て身という
か----。


>かなりお役所仕事的ではありますので

おまけに税務署は、「いかに1円でも多く税金を取
るか」が使命ですからねぇ(苦笑)。節税になる
ことはあまり教えたがらないですから。
| takashi | 2008/03/18 11:54 PM |

>青色申告の場合は赤字を引き継げるんですね。

これはむしろ青色申告のメリットとも言えますね。
赤字を繰り越せることで、その後の年になっても、
前の赤字の分税金を減らすことができる。そもそも赤
字になった場合は所得がゼロなので税金や健康保険は
最低額で済みますから----白色だとこうはいかないよ
うです。
| takashi | 2008/03/18 11:59 PM |

検索からたどり着きました。

フォローしきれていないのですが、結局その後個人事業主になられたのでしょうか?

給与所得だと経費が認められない…ともあったと思うのですが、そのあたりはどうなのでしょうか?

臨床心理士の妻(笑)で節税を…と考えているのですがなんせ素人なので右も左もわからなくて。

コメントいただけたら幸いです。
| あみと | 2012/02/17 7:18 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogblog.psycho-therapist.biz/trackback/757329