<< 今日の顔 | トップ | 消え去りたい >>
疲労感と徒労感
カウンセラーがこんなことを言うと、なにごとだ、と言われそうだが、本
当に疲労感と徒労感に、近頃苛まれている。

云っても仕方が無いことが原因だったりする。
前の職場を辞した時に、何故臨床心理士を辞めなかったのか、とか、以前
に抱いた夢or希望が、一部だけしか叶っていなかったり。

本当は、別の仕事を見つけていた。自力で。
でも、誰も彼も、こぞって反対した。
防衛規制タップリに、諦める理由をつけた。
みんな満足そうな顔をしていた。

今の自分は、臨床心理士だ。
ある屋号までつけている、個人事業主としての、臨床心理士だ。
カミさんがいてチビ太もいる。

甘えたことは言えない。

だけど、こころまでは欺けない。

勿論だけど、離婚したい訳じゃ無いですよ。前の記事みたいなこともして
いませんから。

ただ、空虚感はなくならないんだよね。多分、自分自身の性格的な歪みも
かなりあるのでは、とは思うけど。

あるときに3つほど、欲しいものとかやりたいこととか、あったら、ひと
つ叶っても意味が無いように感じてしまう。

ひとつは叶ったので、良かった、とは感じられない。
ひとつしか叶わなかったので、無意味だ、と。

ずっと、ずっと、そうだ。
これまでも、これからも。

いつも1番願っていることは叶わない。
二番めか三番め。
そして、欲しいものがそろった試しが無い。
いらないものばかり、山のようにあるのに、本当に欲しいものは、揃わな
い。

みんなは、へなちょこ心理士のことを、単にワガママだと思うであろう。
ワガママかもしれない。
しかし、ずっとずっと、抱いてきた疲労感であり徒労感である。

ハンバーグが食べたい。そう言ったかもしれない。だけど、別なものを腹
一杯食べさせられて、そのご褒美がハンバーグだったら、それに意味は無
い。そんな育ち方をしてきた、と感じている。

だから、欲しいものが欲しい時に揃わないと、怖くなる。
そして、いつも満たされたような顔だけ、してきた。

結局、疲労感と徒労感しかのこらない。
ターミネーターはいない。
いるなら狼狽えて、でも、ワクワクしながら待ってる。

でも、ターミネーターがやってこないことは、一番自分がわかっているの
だ。

わたしは、誰ですか??

もう、誰も信用できない。

どうやっても、満たされない。

うつろなじぶんをかかえていきていく。

ノンジャンル | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogblog.psycho-therapist.biz/trackback/936563